脂肪肝による様々な体の症状

脂肪肝による皮膚、発熱、臭いの症状

投稿日:

脂肪肝による皮膚、発熱、臭いの症状

 

脂肪肝と皮膚にできるニキビ、肌荒れ

肝臓は体に入る毒を解毒するという働きがありますので、肝臓の機能が低下することによって、 体に毒素がたまりやすくなります。そして腎臓の機能も弱ってくると、血液内の老廃物を外へ排出すると言うことができなくなり、老廃物を毛穴にためる可能性が高まります。特に、脂肪肝になるとニキビができやすく、肌荒れにもなりやすくできやすくなります。

 

脂肪肝と発熱、微熱

脂肪肝ではありませんが、急性肝炎では、微熱が続くこともあり、風邪の症状と間違われることがあります。

 

脂肪肝と体臭、口臭

体内に取り込まれた食べ物が消化される過程で、アンモニアが発生しますが、肝臓は、このアンモニアを尿素に変え、体外へ尿として排出させる働きをしています。しかし、肝臓機能が低下するようになると、アンモニアを処理する力が弱まるため、排出しきれなくなってしまいます。その結果、その臭いが、体臭や口臭となっていくわけです。

肝臓機能の低下が進むほど、口臭も強くなります。肝臓機能の低下がまだ初期段階の場合は、ドブやカビ、排水溝や雑巾のような臭いがします。肝機能の低下がより深刻な状態になると、アンモニア臭がしてきます。例えば、肝炎(肝臓が炎症を起こしている症状)は、急性肝炎→慢性肝炎→肝硬変→肝臓ガンと進行していきますが、アンモニア臭が強烈なときには、すでに重度の肝臓疾患や末期の肝臓ガンである可能性が高くなります。

なお、参考までにおすすめの肝臓サプリを載せておきますね。参考にしてくださいね。

おすすめの肝臓サプリのランキング

第1位

レバリズム-L

  • レバリズム-Lは、肝臓の働きをサポートするサプリメント
  • 「肝臓」の解毒力・エネルギー代謝力と、回復力をサポートする6つの成分配合
  • 1.しじみエキス(静岡県産)
    しじみは昔から、肝臓の特効薬と言われてきました。アンモニアを分解し、解毒作用を助けて肝臓の負担を減らすオルニチンの含有量は、食品の中でもトップ
  • 2.牡蠣エキス(岡山県産)
    牡蠣はアミノ酸の宝庫。特にタウリンは肝臓の解毒分解作用を助け、有害ミネラルの排出を促し、また肝臓にたまった中性脂肪の排出を促進
  • 3.スクワレン(千葉県産)
    深海性のアイザメの肝油に含まれるスクワレンは、酸素と結びついて肝臓に酸素を運び、新陳代謝を高め、免疫力を高める効果も研究されている
  • 4.L-シスチン
    L-シスチンは体内でL-システインに変換され、肝臓の解毒作用に重要なグルタチオンを作るアミノ酸、有害物やアルコールを解毒する作用を支える
    また豊かな髪やツヤのある健康な爪を保つ効果もあり、メラニンの生成を抑制することで美肌、美白効果も期待できます
  • 5.ビタミンB2
    ビタミンB2は脂肪をエネルギーに変える上で重要な役割を果たし、また成長促進、皮膚や粘膜の保護などの効果も
    一度に吸収できる量が限られるので、継続的に摂取する必要がある
  • 6.ビタミンE
    ビタミンEは、肝臓のはたらきを支える重要な成分。体内の活性酸素を非活性化させ、細胞の損傷や老化を防ぐ、抗酸化作用がある

第2位

ヘパリーゼ Z

  • 『ヘパリーゼ Z』は通信販売限定商品
  • ヘパリーゼ シリーズの中でも独自の配合を実現
    お客様からご要望が多い「持ち運びやすさ」を個包装で実現
  • 通販限定という限定感だけではなくプレミアムな成分濃縮のサプリメント!
  • 健康の『肝』は5大成分がしっかりサポート
    肝臓エキス200mg、ウコンエキス40mg、オルニチン80mg、セサミン10mg、L-シスチン240mg

-脂肪肝による様々な体の症状
-

Copyright© 肝臓の脂肪肝サプリの通販、購入、販売店、ランキングならコチラ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.