クレストール

クレストールとは?

 

クレストール(CRESTOR)とは、主成分は、ロスバスタチンカルシウム(Rosuvastatin calcium)で、肝臓でのコレステロールの合成をおさえ、血液中のコレステロールを減らすお薬です。 主に、高コレステロール血症や家族性高コレステロール血症の治療に利用されています。 主成分は、ロスバスタチンカルシウム(Rosuvastatin calcium)で、肝臓に作用し、コレステロールの合成を抑制することにより、血中コレステロールを減少させます。

 

主に、悪玉コレステロール(LDL)を減少させる作用が高く、中性脂肪(トリグリセライド)についても低下させる作用があります。しかし、反面、善玉コレステロール(HDL)については増加すると言われております。一日一回の服用で作用が持続します。

 

クレストールの作用、働き

 

高コレステロール血症は、血液中のコレステロールが多すぎる状態です。自覚症状がなくても、長い間に動脈硬化が進み、狭心症や心筋梗塞の 原因にもなりかねません。このお薬で血液中のコレステロールを低下させていれば、将来起こるかもしれない心筋梗塞の危険性を少なくすることができます。

 

心筋梗塞の多くは、プラークという血管のコブが破れ血管が詰まることで起こります。このお薬でコレステロールを十分に下げてやると、プラークが安定し破れにくくなります。心筋梗塞をすでに起こしたことのある人は、再梗塞の予防につながります。具体的な数字では、高脂血症の方の場合、心筋梗塞等のリスクを、およそ30%程度、低下させると言われております。

 

クレストールの実際の服用

 

健康診断で、LDLコレステロールが高いと診断され、内科医にかかると、脂肪肝だと言われてから、クレストールを処方されるケースが多いようです。薬の飲み方は、毎朝食後になります。

 

クレストールの副作用

 

クレストール服用によりまれに起こる副作用として、横紋筋融解症というものがあります。初期症状としては、体がだるいとか筋肉痛などが挙げられます。例えば、クレストールを飲む とふくらはぎが痛くなるとかが該当します。

 

クレストールと脂肪肝

 

脂肪肝ということですが、これは治療せずそのままにしておくことはおすすめできません。今は何も症状がなくても、放っておくと様々な疾患のリスクが高まる原因となってしまうので、クレストールなどでその治療が必要です。